使い道がわからない!
-相続・空き家・空き地など-

  • ホーム   >   
  • 使い道がわからない! -相続・空き家・空き地など-

akiya

お客様の不動産取引を丁寧かつスピーディーにサポートする、江戸川区の不動産売却に強い「ハウスドゥ!瑞江」です。
住み替え後、空き家や空き地となっている物件や、大切なご親族から相続した空き家や空き地も、そのまま所有するだけでは負担が大きくなります。
ハウスドゥ!瑞江では、こうしたお客様のお悩みに、売却や賃貸活用などの最適なご提案をしております。どうぞお気軽にご相談ください。
こちらでは、相続物件の売却や活用方法などをご紹介します。

こんなお悩みはありませんか?

相続した物件についての様々なお悩み
  • 相続したが利用せず放置している不動産がある
  • 相続した物件の管理に手間がかかっている
  • 将来的に移り住む予定なので、それまで有効活用できないか
  • 相続したが、どうするのが一番良いのかわからない
  • 事故物件をどうすればいいか悩んでいる
空き家・空き地物件についての様々なお悩み
  • 実家が空き家になったが、遠方に住んでいるので管理が難しい
  • 放置したままの空き家が管理不足で近所トラブルになっている
  • 特定空き家に指定されると固定資産税の負担が大きくなると聞いて不安
  • 空き家のままだと資産価値が下がると聞いて心配

相続不動産・空き家・空き地の有効利用は「売る」か「貸す」で解決!

相続不動産・空き家・空き地の有効利用は「売る」か「貸す」で解決!

相続した空き家や空き地などの不動産物件を、そのまま長期間放置するのはおすすめできません。空き家であれば、台風や地震等の際にメンテナンス不足によって他人に被害を与えてしまい、賠償責任を問われる可能性があります。また湿気やカビ等により雨漏りや腐食などの劣化を招き、資産価値が下がったりするほか、犯罪の温床になったりするリスクもあります。また、建物のない空き地でも、強風時に砂塵が舞ったり、雑草などが生い茂り、樹木が道路にはみ出して通行の邪魔になったりなどすることで、近所トラブルを引き起こすことがあります。ここまで放置された空き家は特定空き家等に認定されることがあります。認定されると、固定資産税の軽減措置から外され、納税額が上がります。

そのため、空き家や空き地は、そのまま放置するのではなく、「売却」や「賃貸」などで活用するのがおすすめです。売却であればまとまった資金を得ることができ、賃貸であれば不動産収入につなげることができます。ハウスドゥ!瑞江では、お客様のご要望や物件の状況などを丁寧に伺い、より最適なご提案を行っております。資産価値が下がる前にお早めにご相談ください。

相続不動産にかかる相続税の基礎知識

相続税評価額の考え方

相続税評価額の考え方

相続税の評価額とは、相続税や贈与税を計算する際に基準となる課税価格を指し、土地と建物に分けて計算されます。土地については、市街地か郊外かによって計算方式が異なります。また、建物については固定資産税の評価額と同額となり、課税証明書や固定資産評価証明書で確認できます。

知っておくべき相続税について

知っておくべき相続税について

相続税は、不動産を含めた相続財産の総額から、「基礎控除額」を差し引いた金額に対して課税されます。基礎控除額は、法定相続人の人数×600万円+3,000万円です。相続税の申告は、期日までにできなければ、無申告加算税や延滞税、重加算税などが課されるため注意が必要です。

相続税が発生する場合、預貯金などから支払うケースもありますが、不足する場合は相続対象となる不動産物件を売却し、現金化して支払うのも1つの手段です。老朽化して資産価値が下がる前に、売却することも検討しましょう。

相続した空き地・空き家など遊休不動産の活用方法をご紹介
賃貸 物件を賃貸として貸し出すことで、家賃収入を得られるほか、人が住み続けることで建物の劣化を防ぐことができます。
リフォーム 好みの内装に替えたり、設備を入れ替えることで、別荘として活用したり、賃貸として高い価値を生み出すことができます。
売却 相続物件を現金化することで、まとまった資金を調達できるほか、固定資産税や管理維持にかかる費用が不要になります。
管理・維持 今すぐには住む予定がなくても、いずれ移り住んだり、賃貸経営を行ったりする予定であれば、定期的な管理・維持を行い、資産価値を保つようにしましょう。お客様ご自身での管理が難しい場合、不動産会社による「空き家管理サービス」を活用するのもおすすめです。

Akiya

空き家をそのまま賃貸にする場合

空き家をそのまま賃貸にする場合

空き家を手放さずに活用する方法としては、「賃貸物件化」が挙げられます。賃貸として貸し出すのであれば、家を手放さずに済むうえに、家賃収入を得ることができます。また、人が住み続けることで、建物の劣化を防ぐことができ、手間のかかる空き家管理から解放されるメリットがあります。ただし、物件に不具合が生じた場合は、貸主として対応しなければならないため注意が必要です。

空き家をリフォーム後に賃貸にする場合

空き家をリフォーム後に賃貸にする場合

賃貸一戸建は需要の方が供給物件数よりも多い傾向が見られるため、築年数の経った物件や立地条件のあまりよくない物件でも、比較的借り手が見つかりやすいと言われています。そのため、リフォームして貸し出す場合でも新築状態に近い状態にまで回復させなくても十分と言えるでしょう。リフォームは、トイレやキッチンなどの水回りやドアノブなど手に触れて劣化しやすい箇所を重点的に行うと、費用対効果が良くなります。なおマンションの場合は、リフォームや賃貸化に関しての条件が管理規約等で定められていますので、事前に確認しておきましょう。

遊休不動産の相談は身近な不動産会社へ

遊休不動産の相談は身近な不動産会社へ

相続物件の売却はもちろん、賃貸事業を行う際も、まずは不動産のプロフェッショナルである不動産会社に相談するのがおすすめです。
ハウスドゥ!瑞江では、賃貸管理の全面的なサポートをしており、これまで数多くのお客様から賃貸管理サポートのご依頼をいただいております。サポート内容としまして、賃料など賃貸募集条件のご提案や賃借人の募集に始まり、契約や更新業務、賃貸中のクレーム窓口、賃料集金、退去手続きや原状回復工事のご提案・手配まで、賃貸にまつわる管理業務の一切を請け負っております。場合によっては入居者の立ち退き業務も行っております。賃貸で収益を上げながらも、頃合いを見て売却する事も可能です。
このようにハウスドゥ!瑞江では、遊休不動産のご相談から賃貸化、管理、売却までワンストップのご提案ができますので、「相続物件の良い活用方法を知りたい」「賃貸オーナーを始めたい」という方はどうぞお気軽にご相談ください。

遠方にお住まい方もハウスドゥ!瑞江へご相談ください

遠方にお住まい方も
ハウスドゥ!瑞江へご相談ください

遠方にお住いのお客様で、ハウスドゥ!瑞江へのご来店が難しい場合でも、まずはご相談ください。ハウスドゥ!瑞江では、遠方のお客様には、メールや電話、Zoomなどを活用したお打ち合わせで、来店いただく回数を最小限に抑える対応にも実績がございます。対面でのお打ち合わせでなくても、お客様に「距離感」を感じさせない丁寧さとスピード力で、ご満足いただけるように心がけております。また、遠方では難しい賃貸管理(賃料集金・更新・退去・クレーム窓口)も安心してお任せください。頃合いをみての売却も承っております。相続物件や空き家・空き地の売却などのご相談は、ハウスドゥ!瑞江にお問い合わせください。